翻訳会社の業務内容をチェック!

翻訳会社の校正作業について

校正作業について 翻訳会社に翻訳を依頼し、納品されるまでのプロセスの中で、より品質の良い訳に仕上げる為に大切なのが校正作業です。
翻訳の工程は、まずクライアントのヒアリング、見積もり、翻訳開始、ネイティブチェック、修正という流れになります。翻訳会社に依頼するのと、個人に依頼する場合の違いは、ネイティブチェックや校正がきちんと行われているところでしょう。チェックを行うことで、より細かな部分まで正確に訳することができ、完成度が高くなります。
また2名以上が校正やチェックに加わることで、小さなミスや表現の不自然さを防ぐことができるのです。
これらのチェックは、語学力よりも、国語力に長けている人が行うのがベストとされています。その為、翻訳会社では、校正専門のスタッフがいることもあるのです。
特に、契約書、説明書、専門知識が必要な分野では、これらの作業は欠かせません。
このように、一口に翻訳と言っても、様々なプロセスを経て納品されるのです。

DTP工程が可能な翻訳会社を選ぶメリット

翻訳会社を選ぶ時、翻訳する原稿の内容に専門的知識が必要となる場合は、専門スキルを持つスタッフがいる会社を選ぶ事が大切です。
また、翻訳会社では多言語翻訳が可能になっていますが、特殊な言語などの仕事を依頼する場合は、対応言語が多数在る会社を選ぶ事が大切です。
ところで、翻訳と言うのは原文に対して、他の言語に訳す業務であり、原文は紙で提示する場合も在れば、ページレイアウト用ソフトでもあるDTPアプリケーションをそのまま提供するケース、WEBなどの場合はHTMLを翻訳会社に提供するなど様々です。
翻訳された訳文はパソコンの文書作成用のソフトなどを使って納品された場合、DTPアプリケーションで文書を活用する場合は会社の中でオペレーターによる作業が必要になります。
しかし、翻訳会社でもDTP作業が可能であり、直接データを翻訳しながら入力が出来ることで、翻訳が完成した後に会社の中でオペレーターによる作業を削減する事が出来ると言ったメリットが有ります。