翻訳会社の業務内容をチェック!

言葉の壁に悩むなら翻訳会社に相談しよう

翻訳会社に相談 グローバル化が進むにつれて、大都市のみならず、地方の企業においても海外との取引や関わりが増えています。
ビジネスの面だけにとどまらず、旅行関係、国際交流、外国人の受け入れなど、様々な場面で外国語を必要とする一方で、2か国語以上の言葉が可能な人材が不足しているといった現実も出てきています。
特に、地方などは、大都市に多くの若者や有能な人材が流れてしまうといった状況が懸念され、地方の国際化や海外との交流において、すぐに翻訳や通訳が対応できない場合は、翻訳会社に依頼をせざるを得ない状態です。
中でも翻訳に関しては、フリーランスとよばれる業務形態の翻訳家が、翻訳会社と業務提携を結び、クライアントの必要に応じで翻訳を行う場合が殆どでしょう。フリーランスの翻訳者といっても、個性や能力は様々です。それぞれに特化した分野や経験値がある為、通常はクライアントと翻訳会社がじっくりと話し合いを行い、訳に最も適した翻訳者に仕事を依頼するのがほとんどです。
また、必要があれば、クライアントと翻訳者が直接資料のやりとりをしたり、ミーティングを行ったりする場合もあります。勿論、秘密保持の契約に基づき、行われるので、情報漏えい等には細心の注意を払います。
基本的にどんな内容でも対応可能なので、まずは気軽に相談してみましょう。

翻訳会社の業務内容にはどんなものがあるか

翻訳会社の業務内容は、大きく分けて3つあります。
1つ目は翻訳者の確保です。新規の翻訳者を増やしますが、ただ人数を増やせばよい、というものではありません。「ビジネス案件が得意」「医療分野の経験あり」など、ジャンルや経験を加味しながらクライアントの要望に応えられるように人材を確保していきます。
2つ目はクライアントへの営業です。出版社や事業会社に出向いて、翻訳案件を獲得してきます。その際、具体的な作業内容や納期、金額を交渉します。クライアントが十分な費用を出せない場合でも、一部分だけを請け負う、作業内容を限定するなど提案していきます。実際に案件が動き始めてからは、「当初聞いていたジャンルと全く異なる」「看過できない重篤な不備がある」などトラブルが起きた際に、クライアントと相談して作業内容や金額、納期を調整していきます。
3つ目は案件管理です。実際に翻訳者に依頼をし、納期までに仕事をあげてもらうことです。単純なように思えますが「依頼された内容と異なる」「インフルエンザにかかり作業ができない」などトラブルが発生しますので、クライアントと調整したり別の翻訳者に振り替えたりということをしなければなりません。
翻訳会社というと、「翻訳」ばかりがクローズアップされがちですが、これだけの業務内容があるのです。

おすすめの翻訳関連リンク

官公庁翻訳入札案件トライアル合格率は98%の翻訳会社

翻訳会社