法律を確かめよう

交通事故にも、色々な分類があります。
それくらい当然だと思われるかもしれませんが、さてじゃあどんな風に分類されるか、ご存知ですか?

まずは概要を見てみましょう。交通に関することといえば、道路交通法です。
道路交通法の条文によれば、
「車両等の交通による人の死傷若しくは物の損壊」(道路交通法第67条第2項)
とのことです。つまり、
・車両などが交通していることが原因であり
・人が死んだりケガをするか、ものが壊れた場合
が、交通事故と呼ばれるようです。

逆に言えば、以下のような場合は交通事故ではありません。
・車両などが関係ない:歩行者同士がぶつかっても、それは交通事故と呼ばないようです。
・通行に関係ない:たとえば、駐車場に駐車してある車両が洪水や地割れに巻き込まれた場合や、単に車に乗ろうとしてドアに挟まれた場合などは交通事故とは呼びません。
一方で、運転中に落石にあったり、通行中の歩行者が突然開いた車のドアにぶつかった場合などは、交通事故になります。
・死傷も損壊もしていない:ぶつかりそうになった、では交通事故ではありません。ぶつかったとき、交通事故になります。

定義を調べてみただけでも、なかなか、興味深いと思いませんか?






What's New

2013/02/05
新着情報3を更新。
2012/11/08
新着情報2を更新。
2012/10/13
新着情報を更新。
2012/6/22
分類してみてを更新。
2012/6/22
影響による分類を更新。
2012/6/22
主体の分類を更新。
2012/6/22
責任の分類を更新。
2012/6/22
交通事故・その分類を更新。
2012/6/22
ホームページリニューアル

Recommend Entry

責任力

歩行者、自転車、二輪自動車、車の順で事故における過失割合が優遇されます、なので二輪自動車や車には免許が必要で免許とはその責任を果たすことが出来る人に与えられるのです。

法律は

法律はあくまで目安、という場合が民事においてはよくあります。事故はひどく負担になってしまうこともありますから、よく考えて対応をしなければならない場合が多くあります。

守るべきものとは

一番守らないといけないのは命ですね、それは自分にとっても相手にとってもそう。予期せぬ交通事故に巻き込まれることもあるでしょう、でもしっかりと法律も守っていれば命が助かることも多いのです。しっかりと勉強し、自分に役立てましょう。